西 友樹のプロフィール

Pocket

西 友樹(にし ゆうき)

■1991年1月25日(ひつじ年 水瓶座)

■血液型:A

■富山県富山市在住

■実家:富山県高岡市中田(生まれは広島県)

■ファイナンシャルプランナー

■(社)日本パーソナルコミュニケーション協会 子育て診断士/組織診断士

■執筆業

「1円たりとも損しない生命保険の入り方」、「中学数学を正しく解く手順」、「資産運用10の迷信」(近々出版予定)

■セミナー講師

【学 校】

高岡第一学園付属第三幼稚園

高岡市立中田小学校

高岡市立中田中学校

富山県立福岡高等学校(理系)

同志社大学 理工学部 数理システム学科

【主 な 活 動】

●生命保険コンサルティング

●執筆業

●子育て相談・企業や組織のコミュニケーション相談

●セミナー講師(過去実績)

「1円たりとも損しない 生命保険の入り方」、「子どもの才能発見講座」、「子育て&マネー勉強会」、「学習塾とコラボセミナー ムダな出費を削減して子どもの学費分を浮かそう!」、など

理念

『希望が見える知識・情報を楽しく伝え、1人当たりの笑顔の量を増やす』

今までの間違ったダイエット方法から脱却し正しい方法を知ると、人は笑顔になります。

今まで分からなかった勉強が分かるようになると、子どもは笑顔になります。

子どもと楽しくコミュニケーションを取れる方法を知ると、親は笑顔になります。

正しい知識・情報は、その人の希望となり、笑顔に繋がります。

私は正しい知識・情報は、意識せずに生活している中で向こうからやってくることはなく、自分で獲得しにいかないと得られないことを知っています。

私はあなたに、正しい知識・情報を伝えることで希望を感じていただきたい。そしてその結果として、あなたの笑顔の量が増えることが何よりの喜びなのです。

西 友樹の構成要素

●読書

金融・コミュニケーション・子育て関連・政治・経済・ビジネス書・歴史・哲学・小説・漫画など、広く読みます

●好きな作家(作品)

安岡正篤(易経講座、易と人生哲学)、三島由紀夫(金閣寺、潮騒)、遠藤周作(沈黙、海と毒薬)、山本七平(空気の研究)、井沢元彦(逆説の日本史)、アール・ナイチンゲール(人間は自分が考えているような人間になる)、ビジネス書はダイレクト出版系列

漫画は大市民(柳沢きみお)を愛読しています。

●音楽鑑賞

The Beatles,Cyndi Lauper,Ben Folds,Lenny Kravits,Lisa Loab,Prince,Queen,Kate Bush,Billy Joel,Steavie Wonderなどなど

Paul McCartney、Cyndy Lauper、Ben FoldsはLIVEも行きましたが最高でした!

●お笑い鑑賞

尊敬するのはダウンタウンの松ちゃん、島田紳助、上岡龍太郎。

他者を寄せ付けない、圧倒的なトーク力に魅力を感じます。TVを全く見ないためYouTubeで彼らのすごさをよく見ています。

引退した二人を見ることができるのも、ネットの利便さを感じます。

●ジム通い

週に2回以上は筋トレをしています。週1回ではなかなか効果が出ないので、最近週2回以上に増やしました。

学生時代の運動経験が皆無なので、日々ダンベルを上げては楽しんでいます。

性格

良く言えば素直な楽天家、悪く言えば能天気。

明朗でよく笑う。

自信があるときは強気、自信がないとビビり。

尊敬する人

両親

番匠先生(高校生の時の数学教師)

向井さん(学習塾講師時代の塾長)

五十田三洞氏(保険の師匠)

吉井伯榮氏(一般社団法人日本パーソナルコミュニケーション協会 代表理事)

桜木健二(ドラマ ドラゴン桜)

鷲津政彦(ドラマ ハゲタカ)

山形鐘一郎(大市民の主人公)

好きな言葉

『可能性があるということを知っておくことは大事』

映画ビリギャルより

私の人生で唯一、開始2分からラストまで泣き続けた映画

ファイナンシャルプランナーになるまでの軌跡

『私もかつて、保険で大損予備軍だった・・・!』

今でこそ支払い総額を提示することなく販売する保険業界に対して憤りを感じ、1円たりとも損しない生命保険の入り方を伝えている私ですが、勉強するまでは私も「保険で大損予備軍」でした。

私が初めて保険に加入したのは、社会人1年目くらいのことでした。当時の私はまだ保険業界ではなく某旅行代理店の営業で働いていました。

そんなある日、旧知の友人が保険セールスになったようで、私に連絡がきました。

当時私は社会人とはいえ、保険の”ほ”の字も知らない全くのど素人でしたが、「なんか頑張っているみたいだし、入ってあげるかー」と半ばお付き合いで保険に加入しました。

ここまではまあ、よくある話です。

そして保険に入ったことなんて次の日には忘れ、慌ただしい日常を過ごしていましたが、ある日、外資系保険会社の方からリクルートを受け、保険業界に参入することになったのです。

当時25歳の若造です。リクルートを受けたときに保険に興味関心があったわけでは一切ありません。

ただ、ある事実を知ってしまったのです。

それは、「日本における保険業界は、とってもオカシイ!!!」ということでした。

これは、1人でも多くの人に正しい知識・情報を伝えなければいけない。そう思い、転職を決意しました。

転職当初は、保険業界の異様さについては感覚的にしか分かっていませんでしたが、勉強を重ねた結果、数字に基づいた実感として理解しました。

多くの世帯が生命保険で大損しているという事実です。

その主な原因は、この業界に身を置く多くの保険セールスが値付け不在で商品販売を行っていること。

契約者は月々の保険料の金額は知らされていると思いますが、「自分が保険会社に”総額で”いくら支払うのか。」を提示されたという人に出会ったことがありません。

つまり、ほとんどの保険セールスはお客さまに対して自身の商品を値札(=支払い総額)を提示せずに販売していることに他なりません。

これは商品知識の有無や人間性以前の問題であり、人としてのモラルの欠如だと言えるでしょう。

『値札を見ずに購入した2000万円もする金融商品に、無駄が含まれていないと自信をもって言い切れますか?』

1世帯あたりが支払う生命保険料の総額は、統計によると平均で約2000万円にものぼるそうです。

数多くの保険証券を見てきた私の経験からすると、2000万円をはるかに超えるご家庭も数多くいらっしゃいます。

あなたに、ここで一つ重要な問いがあります。

「値札も見ずに購入した2000万円もする金融商品に、無駄が含まれていないと自信をもって言い切れますか?」

生命保険料はできれば支払いたくない固定費ですよね。だから、普段は保険について考えることはあまりないと思います。

ですから私は値付け不在の保険業界に異議を唱え、1人でも多くの世帯の金銭的損失から回避していただくべくこのHPを立ち上げました。

血の通っていない損得論を語るつもりは一切ありません。

そして当然ですが、値札も見せないとってもオカシナ保険業界に消費者であるあなたがお付き合いする必要は一切ありません。

数字と常識に基づいて、生命保険の王道を語りますので、浮いたお金は家族や自分の人生の楽しみを増やすために有効に活用してください。