期間限定 無料プレゼントキャンペーン

拙書「1円たりとも損しない 生命保険の入り方」(定価1,056円)を期間限定で無料でプレゼントしています。メニューもしくは記事下のリンクからお申込みください。

ティッシュ・トイレットペーパー買占めに一言!

Pocket

ちょっと、これは一言言わせてもらいたい話題があります。私の大っっっ嫌いなニュースが世間を騒がせています。

それは、「ティッシュ、トイレットペーパーの買い占め問題。」

私はTVを持っていませんが、インターネットでこのニュースを知りました。全国ドラッグストアからティッシュとトイレットペーパーが無くなっているとのこと。

数日前にティッシュを買った時は在庫がたくさんありましたから、「え?」という感覚でしたが、私の家のトイレットペーパーが切れそうなのでドラッグストアに行ってみると、本当に無くなっていました。

その後、スーパーにも行きましたが、ティッシュとトイレットペーパーのコーナーはスッカラカン。

原因はコロナウィルス。「マスクの次はティッシュとトイレットペーパーがなくなる」という情報が蔓延したんだそうです。それでみんなが揃いも揃ってティッシュとトイレットペーパーを買いに行き、その結果としてドラッグストアやスーパーの店頭には商品が並ばないという状態に・・・。

まあ、この情報はデマらしいですし、在庫は十分にあるという声を業者も出しています。

ただ、そんなことはどうでもいいんですよ。

今はコロナウイルスがパンデミックになりそうだという事態なのですから、そりゃあいろんな情報が飛び交うのも仕方がありません。その中には真実もあれば、デマ情報も含まれることでしょう。

そんなことよりも、この、「マスクの次はティッシュとトイレットペーパーが無くなる”かもしれない”」という情報に飛びつき、我先にとドラッグストアへ行き、買占めをする人間の多いことに、もう怒りを通り越して悲しんでいます。

この買占め騒動、マスクの時もありましたよね。

SNSには、「マスクが全然ない・・・」と嘆いていた人が「マスク発見!買占めします!」みたいな投稿をしていた人もいたそうで、それを聞いてとっても悲しくなりましたもん。

あなたが買い占めちゃったら、同じように「マスクがない」と嘆いている人の手に渡らないのですよ。

なんとまあ、自分のことしか考えられない人が多いのでしょうか。

今回のティッシュやトイレットペーパーだって同じですよ。

介護や病気で必ず必要な人だっているはずで、その人たちにとったらティッシュやトイレットペーパーの重要度は我々健常者とは比べものにならないはずです。

私は最悪、それらが無くなったとしても生きていく知恵はあると思っています。

無くなるという情報が”真実”だったとしても、自分は元気だし遠慮しておこうという考えには至らないモノなのでしょうか。

しかも今回の情報は真実ではなく、デマ情報なわけですから、私の怒りはもう右肩上がりです。

み~~~~んな、自分のことばっかり!

今回の騒動のテーマが食糧ならまだ分かります。「命」に関わりますから。

でもね、ティッシュやトイレットペーパーですよ?

これらは消耗品ですから買い占めたところでいつか無くなるわけで、もしこの世から無くなってしまうとしても、そのタイミングが早いか遅いかだけのことですし。

それにも関わらず、多くの人が大して調べもせずにこの騒動に乗りかかって買占め、そして本当に必要な人の手に渡らなくなってしまう・・・。

もっと、いろいろと、考えましょうよ。そして、もっと優しく生きていきましょうよ。

人は一人では生きていけませんし、どれだけ孤高に生きたとしても、社会という横軸と無縁に人生を送ることは不可能です。

友人が少ない(少なからず親友はいますし、仲間は沢山います)ことを心から誇りに思っているような私なので、友達が大勢居る人からすれば若干孤独に生きているように見えるかもしれませんが、それでも社会という横軸の中で生きている自覚はあります。

今日食べたご飯でも、生産者さんも居れば運送してくれた人もいる。野菜を育てる土地だってあるし、牛や豚だって社会の構成する大事な一員です。

そのように考えたとき、この種のデマ情報に踊らされて、自分たちのことしか考えずに買占めをしてしまう人がそれこそたくさん居た現実に、私はゲンナリしてしまうのです。

なんだか日本全体がギスギスしてしまっているようで、寂しくなってしまいます。

気分が滅入ってしまったので、トレーニングしてシャワーを浴びてスッキリしてからこの記事を書いています。

このような記事を書いたところで、本当に必要としている人の元へ商品が行き届くわけでもないことは重々承知の上で、それでもどうしても一言言いたかったのでパソコンの前に座っています。

情報の出所はちゃんと調べましょう。

自分よりもそれを必要としている人がいないか、想像してみましょう。

コロナウイルスもまだまだ収束の兆しが見えていないことも事実ですから、しっかりと予防しながら日々の生活を送っていきましょう。

それでなくても寒暖差が激しい毎日が続いています。お身体を十分ご自愛くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です