Pocket

「保険屋なんて、しつこいし、面倒だし、ウザいし、大嫌いだ!」

ント、うっとうしいですよね。しつこく電話をしてきたり、心休まるお昼休憩中に食堂に堂々と入ってきたり、勝手にプランを持ってきたり、分かりにくい説明をしたり、スーツが異様にテカテカで人としての教養がなかったり、「あなたのため」とか言いながら「自分のため」丸出しのトークをしてきたり・・・嫌われて、当然です。

なんせ、クレームが一番多い業界の断トツNo.1が保険業界ですからね。いかに保険業界が顧客第一のサービスからかけ離れているのかを物語っています。

そうなってしまう理由は「お客さんに嫌われる手法で商品・サービスを販売し、しかも、お客さんにをさせているから!」普通に考えたら、その結論に至らざるを得ないのです。

冷静に考えれば、お客さんに不愉快な手法で販売された商品・サービスが、お客さんに不利益を与えることは….当然と言えば当然の帰結かもしれません。

から、いざお客さんが生命保険を見直したいと思ったとしても、結局は不勉強な保険セールスから納得できない話を延々と聞かされ、最終的にそのツケが契約者であるあなたに行く。

その結果…

生命保険で2000万円の大損!というあり得ない事態を引き起こしているのです。

つまり、あなた自身が巷の保険セールスとの決別を誓い、あなたの意思で行動を起こさない限りは、そのツケであなたが2000万円も損するのです。こんなこと、許せますか?

の本は、かつて全国3万部を完売した生命保険見直しのバイブル本であり、本書を読んだ全国の聡明なる読者が生命保険に潜む1000万円単位の損失から回避しました。著者は保険見直しの第一人者、五十田三洞氏。

2020年になり、私を含めた弟子たちが全国20,000世帯以上の無駄な保険料を2000万円以上削減してきました。

 

 

の私は、師の教えを受け継ぎ、「生命保険で、損をさせてはいけない」を理念に「生命保険見直しクリニック」を運営し、セミナー、執筆業、メルマガ、保険コンサルティングを行っています。(左:師匠、右:私)

 本書は、巷に溢れる保険見直し本と違って、個別商品の良し悪し論や血の通わない損得論は一切語っていません。

「安ければなんだっていい!」といった失礼極まりない主張は一切なく、お客さんの目線で保険を見直す・・・その”結果”として「こう動けば、2000万円浮かせれるのか!」というある種の自信をあなたにプレゼントしてくれるでしょう。

単なるノウハウ本では終わらず、どう行動すれば保険の大損から回避できるのか、その具体的な行動指針もハッキリと示されているのが、この本です。

「生命保険の正しい見直し方」~見直したら、本当に2000万円得をした!~

再販記念!

の本を、生命保険の見直しを検討したいあなたに8/15日まで無料で進呈いたします。

 

 



【無料進呈お申込み】

[contact-form-7 404 "Not Found"]