保険で大損しないために

Pocket

【ムダな保険料を2000万円削減いたします!】

お金のストレスを解消し、楽しく幸せな人生を送るために!

<私のホームページに訪れてくださった 親愛なるあなたへ>

「保険は損して当たり前」

「子どもが生まれたら、学資保険」

「保険なんて、誰から入っても一緒」

「途中で解約するのは損」

「掛け捨ては損」、「掛け捨てで充分」

「生命保険は、若いうちに入ったほうがお得」

これらがすべて、

「生命保険で知らず知らずのうちに大損してしまう」

間違った思い込みだったとしたら、どうしますか?



生命保険で大損という悲しき事態から回避するためには、「正しい知識」が必要です。

その方法を西 友樹がお伝えします。



「あなたの保険契約には2000万円の経済的損失が含まれています」・・・、あなたはそう聞いて、「そんなはずはない」と思われたかもしれません。

しかし・・・

「担当の保険セールスから、あなたが保険会社に支払う保険料の総額(値札)を聞かされましたか?」と尋ねると、「いえ、聞いたことがありません。」という回答が返ってくるのです。

あなたが保険会社に支払う総額(値札)を知らないままに生命保険に契約したのであれば、ムダな損失が含まれているかどうかさえ、本来は分かるはずがありません。

生命保険といえば、「住宅」の次に高価な買い物だと言われていますが、統計によれば、1世帯当たりが支払う生命保険料の総額は平均で約2000万円です。

これは、必要最低限の保険にしか加入していない独身世帯や、大きな保障が必要なくなった高齢者世帯も含めた平均値ですから、実際はもっと大きく支払うご家庭も多くいらっしゃることでしょう。

つまり、あなたは平均で2000万円もする高価な金融商品を値札も見ずに購入し、多くの保険セールスは値札を提示せずに販売している・・・、という異常な事態が起こっているのです。

売り手、買い手ともに、生命保険に対してこのような甘い認識であるために、生命保険会社が日本にきて100年以上の歴史があるにも関わらず、未だに正しい情報が流布されておらず、多くの消費者が生命保険を「難しい」「分からない」「ややこしい」と思ったままに、高額な保険料を支払い続け、その結果として、保険で大損という世帯が多くいらっしゃる・・・、というわけなのです。

そんな状態から抜け出す方法は、1つしかありません。

「倫理とモラルを持つ専門家からの正しいコンサルティング」を受けることです。

私、西 友樹はその方法をお伝えし続けています。

●私のコンサルティングは、9冊の著書を持ち全国で2万人以上の経済的損失を救ってきた伝説のファイナンシャルプランナー五十田三洞氏から直伝で教わった”正しい方法”です。

●見てきた保険証券の多数の値札が、2000万円を超える契約がほとんどでした。

●ほぼ100%の世帯が、値札を知らないだけではなく、契約内容を正しく理解しないまま(知らされないままに)、保険に加入している実態をこの目で見てきました。

●自分の契約内容を正しく把握すると、「ショックです・・・」、「騙されていたんですね・・・」という契約者の悲しい声もたくさん耳にしてきました。

●こういった現状を解決し、1人でも多くの人の生命保険による経済的損失を回避していただきたく、「1円たりとも損しない生命保険の入り方~2000万円貯めるのは大変でも、減らすのはカンタン!~」を刊行させていただき、Amazonランキングで2位を獲得できるほどに多くの読者にご購入いただきました。

そんな私の経験とノウハウをお伝えします。

「1円たりとも損しない生命保険の入り方」記事一覧

無料請求!「1円たりとも損しない生命保険の入り方」