年金創設者が語る、年金の本質とは

Pocket

 この記事では年金への衝撃的な事実について書きましょう。

 初めてこれを知った時、「なんじゃこりゃ!」「ふざけるな!」と思ったものです。

 それは、年金制度を作り上げた当時の厚生省(現厚労省)の花澤年金課長による『厚生年金保険制度回顧録』に記載されている文章です。これを読むと、彼ら、最初から国民のために100年安心の年金制度を築こうなんて考えていないことが分かります。

 

少々長くなりますが、ちょっと引用しときましょうか。

 

~~~

……それで、いよいよこの法律ができるということになった時、すぐに考えたのは、この膨大な資金の運用ですね。これをどうするか。これをいちばん考えましたね。この資金があれば一流の銀行だってかなわない。今でもそうでしょう。何十兆円もあるから、一流の銀行だってかなわない。これを厚生年金保険基金とか財団とかいうものを作ってその理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。そうすると、厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない。

何千人だって大丈夫だと。金融業界を牛耳るくらいの力があるから、これは必ず厚生大臣が握るようにしなくてはいけない。この資金を握ること、それからその次に、年金を支給するには二十年もかかるのだから、その間何もしないで待っているという馬鹿馬鹿しいことを言っていたら間に合わない。

……大営団みたいなものを作って、政府の保険については全部委託を受ける。そして年金保険の掛金を直接持ってきて運営すれば、年金を払うのは先のことだから、今のうちどんどん使ってしまっても構わない。使ってしまったら先行困るのではないかという声もあったけれども、そんなことは問題ではない。貨幣価値が変わるから、昔三銭で買えたものが今五十円だというのと同じようなことで早いうちに使ってしまったほうが得する。

二十年先まで大事に持っていても資産価値が下がってしまう。だからどんどん運用して活用したほうがいい。何しろ集まる金が雪ダルマみたいにどんどん大きくなって、将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいいのだから、それまでの間にせっせと使ってしまえ。

~~~

いかがでしょうか。

初めから国民から税金のごとくお金を吸い上げて、あとは適当な理由をつけて使ってしまえばいいとしか考えていなかったのですよ。

 

 この文章を読むたびに、憤りを感じますが事実ですから仕方ありません。それでも私たちは生きていかなければいけないのです。つまり、正しい情報と正しい現状を把握したうえで、正しい対策を取ることが大事になるわけです。ですから、年金が2000万円不足するという情報だけに踊らされないように、気を付けてください。

 

それに、年金2000万円不足問題は、実際2000万円ではないという試算もでています。金融庁の「老後の蓄え2000万円必要」は、実はその後のライフステージに必要な費用である「介護費用」や「リフォーム費用」などは含まれていなかったことも分かっています。

 

これらを合算すると、65歳時点で3465万円必要だという計算になります。(これもあくまで平均値ですが)

 

30歳の人が65歳までに3465万円を貯めるのに必要な毎月の貯蓄額は、8万2500円。

・・・これ、簡単に貯められるという人は非常に少ないのではないでしょうか。

 

しかもこれらの数値は、現状通りの年金と退職金を得られた場合の話ですから、今の現役世代が老後のライフステージを迎えた際にこれら社会保障がどのような変遷をたどっているかは想像もつきません。

 

くわえて、先述したように、報告書に記載の数値はあくまで「平均値」です。そこには、実際にいざ老後を迎えて辛い思いをしている高齢者の方々が大勢いること、そして私たちが将来、その一員になる可能性だって十分にあることをしっかりとご認識下さい。

 

 正しい情報や知識を持たずして、そして自分で考えることをせずに、“いわゆるプロ”の言うことに従って行動していたら、痛い目に遭ってしまいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です