「人は自分が思っているほど、あなたのことを見ていない」、本当でした。

Pocket

 いや~、最近朝起きると肌寒くなっちゃって、非常に早起きしづらい季節になってきましたね~。

 起床=行動を目指す私としては、起きてすぐに掃除なり散歩なりに出かけたいのですが、お布団の温もりが愛しすぎて起きてから行動へのタイムラグが大きくなってきています。

 「あと5分だけゴロゴロしよう・・・」と怠け者の西が甘いささやきをしてきます。

 「うおりゃー!」と叫びながら布団を出ることもしばしばです。

 起床=行動をしないと、そのまま雑な1日を過ごしちゃうことは充分身をもって分かっているので、何とかしたいのですがね。

 まあ、雄たけびを上げないと起きられない時点で、まだ身をもっての理解はできていないのでしょうね。

 身をもって理解していたら、すんなり起きられるはずなので。

 はい、精進あるのみです。笑

 さてさて、昨日は先日仕立ててもらったジャケットの生地が届いたそうで、取りに行ってきました。

 ここでも何度か書いていますけれど、ちょっと前までの私は「オシャレ?面倒くせー!」という人間だったのでそこら辺の美的センスは皆無のまま大人になってしまいました。

 デニムにTシャツでなんの不自由もなかったし、旅行会社時代に添乗に行くたびに買っていた「観光地Tシャツ(首里城や清水寺など、観光地がプリントしてある系のあのTシャツ)」で外出することにも何の抵抗感もありませんでした。

 あと、ポールマッカートニーやシンディローパーのライブに行ったときに買ったライブTシャツとかね。笑

 まあ正直、「抵抗感のなさ具合」で言えば今でもあまり変わらないのですが、「身だしなみはしっかりとしていこう」という感覚は少しずつ根付いてきました。

 オシャレというか、身だしなみを気にするのって、ちょっと気恥ずかしかったんですよね~。

 「お前みたいなもんが、何をオシャレに気を配っちゃってんの?」と思われるのが恥ずかしくて。

 はい、その通りです。

 私は超が付くほどの自意識過剰人間でした。

 でもね、よく言うじゃないですか。

 「自分が思っているほど人はあなたを見ていない」って。

 この言葉、最近になってようやくそれが実体験として認識できたのです。

 というのも私、8月ごろから1ヵ月半ほどだけ、髭を伸ばしていたのですよ。

 髭を蓄えているダンディズム満載の男性にず~っと憧れてはいたのですけれど、中々その一歩を踏み出せないままだったんです。

 でね、いつもお世話になっている敏腕テーラーさんのところに遊びに行ったときに、「西ちゃん、髭生やしてみたら?似合うと思うよ」なんて言われたので、単純な私はそれを実践してみたのです。

 そしたら意外に好評でして。

 否定的な意見もそりゃ0ではありませんでしたが、1割もなかったんです。

 「色気があるわよ」なんてマダムにも言われちゃったりして。笑

 敏腕テーラーさんにも「髭ある方がいいじゃん!なんでも挑戦して、西ちゃんは面白いねぇ」というお言葉まで頂いちゃいました。

 「え、もしかしてオレ、髭、似合っちゃうの?」と勝手に自信を持ち、そのまま髭ライフを楽しむことにしたのです。

 しかもどうやら、髭には小顔効果があることも知りました。

 顔が大きい私としては、なんとも髭を重宝していたのです。

 そんな生活を1か月半ほど続けた後、ある事件が起きたのです。。

 私のPCの中にある大事な資料が、私のミスでほっとんど消えちゃったのです!

 お客さんの情報などは無事でしたが、セミナーで使う資料やアンケート用紙など、諸々のツールが消えちゃったのです。

 私が寝る間を惜しんで創り上げてきた多くの資料が消えちゃって、どれだけ頑張っても復旧できなくてヤケになった私は・・・

 髭を全部剃ってやったのですよ。

 「それと何が関係あんねん!」というツッコミもあるでしょうが、実際はまあ関係はありませんよね。笑

 まあ、この際、身も心もスッキリしようと、そう思いまして。

 「クソ―!」と意気消沈になりながらお風呂場で髭を剃ってやりました。笑

 「明日会う人に、なんて言われるかな~」なんて思いながら事務所に行ったのですが、、、

 10人くらいに会って、私の髭が無くなっていることに気付いてくれた人は、、、

 なんと、1人でした。

 「うそー!あんなに似合うって言ってくれた髭を剃ったのに誰も気づいてくれないの!?」

 ビックリしましたよ。

 その時にようやく腹落ちしたのです。

 人は、誰も自分のことを見てないって。笑

 これを否定的に捉えるのではなくて、「まあ、そんなもんだ」って思っておけばいいんだなってようやく気付けましたよ。

 これからは無駄な自意識をどんどん取っ払って、身だしなみにもちゃんと気を配っていこうと思っています。

 身だしなみっていうのは「自分のため」よりも「相手のため」ということにも、気づけてきましたし。

 いや~、こんな単純な真理に気付くのにさえ、時間がかかるとは・・・

 私もまだまだ未熟ですねぇ。

 「髭を生やしたい気分」になってきたらまた生やそうとは思っていますが、一旦このままにしておこうかなって思っています。

 小顔効果のある髭とオサラバするのはちょっと名残惜しいですが、まあ髭はいつでも生やせますしね。

 身も心も、もっとダンディになった時に髭を生やしてやろうと虎視眈々と狙っています。

 次に私が髭を生やしてきた時は、次なるステージに挑戦しようとしているなと、そう思って温かく見守っていてください。

 ※トップの写真は、私が髭を蓄えて意気揚々とお酒を飲んでいる写真です。嬉しそうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 生命保険見直しクリニック 院長の西友樹(にし ゆうき)と申します。 当院は、あなたの生命保険を治療し、無駄な保険料を2000万円削減致します。 浮いたお金は、ご家族の楽しみや幸せの量を増やすためにご活用ください。