生活に心のゆとりを

Pocket


思い返すと私の幼少期は、精神的に苦しい思いをよく体験していました。

小学校4年生か5年生のころ、学校の授業が始まると急に吐き気を催して保健室で休み、そのまま早退することもしばしばありました。

そんな日が何日も続いたので心配した親に病院に連れていかれたところ、先生から「自律神経失調症かもしれません」なんて言われたのを今でも覚えています。

「え?出張?なにそれ?」と、当時は聞きなれない言葉に意味も分かっていませんでしたが、大人になり「自律神経失調症」という言葉を知ってから、「あぁ~、あの時病院の先生が言っていたのはこの言葉だったのか~。」と呑気にシミジミしていました。

小学生にも関わらず、自律神経失調症って・・・。我ながら、神経質な子どもです。

いじめられた経験がある訳ではないのですが、思春期特有の多感さで友人関係に異常に気を張っていたり、両親にも目くばせしていたりで、心が休まっていなかったのでしょうね。

「あぁ~、Aくんが怒ってる気がする・・・なんか悪いことしたかな・・・」

「BくんとCくん、仲悪いなぁ。どうやって場を繕おう・・・」

「テストで悪い点取っちゃった・・・。お父さんになんて言おう・・・。(当時父は、100点以外は許してくれなかったので)」

な~んてことに、日々、苦しんでいました。

仕方がありません。子どもにとって「学校」と「家庭」が全てなのですから。

それに何事も原因は自分にあるものです。つまり私は誰かに苦しまされたわけではなく、自分で”苦しむ道を選んでいた”だけのこと。

中学生になるころには、その急に体調が悪くなる現象にも遭遇しなくなりましたが、そうは言ってもいつも気を張っていたような記憶があります。

だからか分かりませんけれど中学校3年生くらいまでの記憶で楽しかった思い出とかも、家族・学校ともに全くないんですよね~。

危害の矢が直接自分に飛んできたわけではないのに、楽しい思い出がないというのも、「なかなかだなぁ」と苦笑いしてしまいますが、いまの社会人になってからの生活のほうが子どもの時よりも100倍楽しいのでなんの問題もありません。

たまに、「なんでそんなことを明るく言えるんですか?(文章では固いですが、これを話すときは笑いながら話してます)」と聞かれるのですが、特段悩んでいる訳じゃないだけなのでしょうね。

もちろん、このように公言できるようになったのは最近のことで、1年前くらいまではそれなりに自分の人生に影響がありました。

普段は楽しくしていても、家に帰ると「ずーん・・・」と暗くなったりもしていましたので。

これが結構シンドかったりするんですよね~。そもそも、暗くなる理由が自分でも認識できていなかったのですよ。

それが中学生くらいまでに両親や友人関係の中で受けた影響によるものだと分かったのは本当、最近のことです。心理学やサイグラムや九星気学などを学び、自分を知り、他者を知る経験の中で、気持ちがかなり楽になってきたのでしょう。

そしてその幼少期の精神的我慢が強すぎたせいだと思っているのですが、大人になった今は、心豊かな生活に異様に憧れを感じてしまいます。

朝起きてゆっくりとコーヒーを飲む時間、ビートルズなどの素敵な音楽を聴く時間、キレイな文章が並んでいる小説を読む時間、ジムに通って体を動かす時間、海の音を聞く時間、牧場などで動物を眺めている時間、そんなひと時を過ごしていると、「いや~、贅沢だなぁ~」とシミジミしてしまいます。

旅行の行き先もディズニーやUSJや遊園地よりも、神社や自然や動物園の方が心が落ち着くので1000倍大好きですし、お宿はホテルよりも断然、旅館派です。

派手で豪華なことも好きなのですが、そこに上品さや教養みたいなものを感じ取れないと好きにはなれないのです。

とはいえ、私はまだまだ若輩者ですから、上品さや教養はまだまだ身に付いているとは言えません。

しかし、私の周りの諸先輩方はとっても品がよろしくて素敵な方ばかりなのですから、幸運を感じざるをえないのですよ。

この間も東京で活躍されている税理士さんとお勉強していた(というよりも、一方的に私が相談をしていただけです)のですが、この方も常に笑顔で、明るくて、明朗で、頭脳明晰で、常に人のために動いておられる温情のある素敵な方なのです。

この先生との出会いも、私の師匠である五十田三洞氏を通してでしたから、三洞さんとの出会いは私の生保セールス人生だけでなく、私の人生そのものに大きな変化を与えてくれたと実感しています。

それでね、その税理士の先生が、「水素風呂っていいわよ~。私、水素風呂に出会ってから毎日朝晩とお風呂に入っているもの。」っておっしゃるのです。

「え、水素風呂?なんですか、それは?」とお聞きすると、何やら説明は受けましたがムズカシイことはよく分からず、とりあえず身体にとっても良いということは伝わってきました。

上辺だけを取り繕った流行りのものは大嫌いなのですが、ちゃんとロジカルに良い点があり、そして品があるものには興味津々です。

しかもその水素風呂、月々4000円以下で、工事不要で、レンタルだからいつでもキャンセルできると聞きました。

工事不要なら面倒くさがりの私でも手軽にできるし、1日120円くらいで身体にもよく健康的な生活を送れるなら安い投資だな!と思い、その場でその先生と同じものを購入(実際はリースですが)しました。

※この話をすると、「え、ネットワークですか?」とたまに聞かれるのですけれど、私が勝手に自分の生活における心のゆとりを増やすために始めただけですので変な誤解なきようにお願いしますね。正規料金のお金を支払っています。それにネットワークビジネスは、90%以上の人のビジネスへの取り組み方がオカシイ・迷惑なだけで、ネットワークビジネスそのものは善も悪もありませんので。

とまあ、余談はこれくらいにして、そして、今日、ついにその水素風呂が家にやってきたのです!

いや~、テンション上がっちゃいましたね。

さらなる贅沢”感”を目指して、ヒノキの風呂桶を探しにニトリやその他のインテリアのお店に行ったのですが見つからず、ネットで注文しました。(本当はこのテンションのまま、ヒノキの風呂桶と水素風呂をセットで楽しみたかったのですが・・・残念!)

設置もとっても簡単で、お風呂を沸かしたらその水素発生装置を浴槽に突っ込めばそれで準備OKです。

しかもその水素発生装置をつなぐ主電源のモニターにはBluetoothもついているので、スマホから音楽も飛ばせるという優れもの!

「身体を中からきれいにしながら、自分の好きな音楽が聞けるなんて・・・」と想像するだけでワクワクが止まらなくなってきたのですぐにお風呂に入りました。

BluetoothでYoutubeのエルトンジョンやビートルズの音楽を聴きながら、水素風呂にゆ~っくりと浸かってきましたが・・・、もう最高でしたね~。

最近はシャワーばかりでしたので、肩までお風呂に浸かること自体が久しぶりでしたし、何より、贅沢”感”がたまらないですね。これが1日120円で体感できるなら安いお買い物です。

高価な車や高級レストランでの食事も、それはそれで素晴らしいのでしょうけれど、こういった贅沢”感”を満喫できる感性を持ち合わせていて本当に良かったなぁと感じました。

中学生くらいまではいろいろと思い悩むこともありましたし、今でも生きていれば何かしらのトラブルも起きるものですが、それでも大人の人生はやめられませんな。

自分の心が喜ぶことを、自分の意志で選択し、実行できる、こんな素晴らしいことはありません。

これからも自分の心が喜ぶことを、自分にどんどんプレゼントしてあげたいなと思った今日この頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 生命保険見直しクリニック 院長の西友樹(にし ゆうき)と申します。 当院は、あなたの生命保険を治療し、無駄な保険料を2000万円削減致します。 浮いたお金は、ご家族の楽しみや幸せの量を増やすためにご活用ください。