コロナについて、私の見解

Pocket

当HPでは、新型コロナウイルスについては一切触れていませんでした。

通常は対面で行っているセミナーをWebセミナーに切り替えたのは新型コロナウイルスを配慮してのことですが、私の見解を述べることは今までしてきませんでした。

この話題について触れることを避けていたわけではありませんが、かといって何も触れないのも気持ち悪いですし、そろそろ私の見解も纏まってきたのでいまこの記事を書いています。

今までこの話題について触れてこなかった一番の理由は、情報が氾濫しすぎていてどの情報が正しいのかサッパリと分からなかったからです。

度々申し上げていますが、私はTVを一切見ません。

だからといって情報を仕入れていないわけでは全くなく、むしろたくさんの情報を日々頭がパンクになるほど仕入れています。

しかし私の情報源は、インターネット(単にTVの情報を垂れ流したものや、質の悪いネットニュースではありません)、信頼できる筋からの直接の情報に限られています。

私は真実にしか興味ありませんから、民放が垂れ流す造られた情報には見向きもしません。

世の中に”無料”で、”受動的に仕入れる”ことができる情報の全てが、有益で正しいはずがありませんから。

なんにもしなくても有益で正しい情報が手に入るほど、世の中が”善”の意志のみで動いているはずがありません。

もちろんTVからの情報がすべてが間違っているなんて言うつもりは一切ありませんが、情報の取捨選択はこれからの時代、必ず必要になってくると確信しています。

年末年始に実家に帰省するとTVがつけっぱなしになっていたのを何気なく見ていたのですが、とっても強い違和感を感じたのを今でもはっきりと覚えています。

・・・、気付いたらTVに対する不信感を書き連ねようとしていました。

このような話ばっかりしていると”危ない奴”だと思われかねませんので、ここまでにしておきましょう。

とにもかくにも、真実のみに興味がある私は、この新型コロナウイルスに対しても常に”真実”は何なのかということを注視して情報を仕入れてきました。

そもそも新型コロナウイルスに対する世間の反応は、楽観論と悲観論にきっぱりと分かれていてどの情報を信じていいのか分からなくなります。

楽観論を主張する人たちは、「気にしすぎだよ」、「インフルエンザと致死率は変わらないのだから、急に大騒ぎする必要はない」、「手洗いとうがいをしっかりすればかからない」というようなことを口にし、さらには「元気に生きていればコロナには負けない!」という私の苦手な精神論を述べる方も多くいらっしゃいます。

また、悲観論を主張する人たちは、日本の検査率の低さを述べたり、コロナによる経済的な影響を心配したり、学校も仕事も休むべきと主張する人がいたりと、様々です。悲観論の方も多いからこそ、マスクやトイレットペーパー、ティッシュの買い占め騒動が起きたのでしょう。

私は正直に申し上げると、このコロナウイルスに対するニュースが流れ始めた当初のころは、どちらかと言えば楽観論だったように思います。

私の住む富山県はこの記事を書いている2020年3月14日16時の時点で感染者は確認されていませんし、自分自身の年齢的な若さや大病をしたことがないという過去の産物を理由に「まあ、大丈夫だろう」と高を括っていました。

しかし、日が経つにつれて、

・コロナウイルスの致死率はインフルエンザよりも高い(コロナはワクチンがないので正式には比較できないが)

・コロナウイルスは致死率は過去流行したSARSやMARSと比較すれば低いが、(年齢によっては)重症化率が高いこと

・WHOがパンデミック(世界的大流行)を表明したこと

・連日の株価の大暴落や景気の後退

・飲食業やトレーニングジムの客数の大幅減少

・トムハンクスやカナダ首相夫人などの著名への感染するほどの拡大率

などの事実と状況証拠を考慮すると、勝手に楽観論を述べるのは良くないという結論に至りました。

新型コロナウイルスがどのようなウイルスか明確には分かりませんが、コロナウイルスに感染すると重症化率が高く、世界規模で感染が拡大し、経済活動までに大きな影響を及ぼしていることは事実なのです。

私たちは一人で生きていくことはできませんから、不用意(あくまで”不用意に”です)に外出したり人に迷惑をかけようとする行為は避けるべきでしょう。

かといって自粛しすぎて家から一歩も出ずに人と一切会わない生活を送ることも不可能です。

ですから、一人一人が節度を持って、手洗いやうがいや除菌などの細心の注意を払ったうえで、生活していくほかなりません。

かといってマスクやティッシュは必要最低限は購入しても、買占めはしません。

必要最低限人に会ったり、食事の場には出かけますが、不用意な外出はしません。

免疫力を高めるような行動をとりますが、「コロナに負けない!」「コロナをぶっ飛ばせ!」といった精神論は振りかざしません。

会わなくても出来ることは、会わずにやります。

そういった心がけや行動が、過剰な拒否反応を起こすことなく節度を持った行動に繋がるのではないか、と現時点での私はそう考えています。

コロナが原因で、日本が抱える様々な問題点や課題点がこれからどんどん表面化することでしょう。

生き延びて、今の時期を、自分の幸せな人生の”通過点”にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です