『無事でよかったね』と言える保険設計とは

Pocket

『生命保険で大損したいですか?』と訊かれたとして、『はい!大損したいです!』と堂々と口にする人はいないでしょう。私も出会ったことがありません。

 しかし、当HPでも声を大にして主張していますが、多くの日本人は自分が加入している生命保険の支払い総額(値札)を知らないのが現実です。

 

 1世帯当たりの生命保険料の支払い総額は、総理府の統計によると平均で約2000万円。そう、生命保険はとっても高い買い物なのです。

 2000万円と言ってもこれはあくまで平均値です。実際に私は値札が2000万円を超える値札が付く保険契約を何度も見てきました。

 その契約者は、超の付く大金持ちでも資産家でもありません。一般的なご家庭が契約していた保険の値札です。

 

 この記事では、一旦金額の大小は問いません。それに、契約者が納得し、理解し、その上で契約しているのであれば何の問題もありませんしね。

 しかしながら、ここで重要な問いがあります。

 それは、『生命保険に平均で2000万円支払って、保険会社からいくら受け取れるのか?』というものです。

 

 その金額は、驚くなかれ、わずか約180万円!【註 記事の最後参照】

 

 平均で約2000万円支払い、平均で約180万円しか貰えないということは、ほとんどのご家庭が生命保険で大損という事態に陥っているということになります。

 しかもその金額がハンパではないのですよ。

 

 生命保険は、金融商品ですからね。

 魔法の壺でもお守りでもありませんし、ましてや、愛や思いやりでもありません。レッキとした金融商品なのです。

 

 ではどうすれば、生命保険で大損しないのか?

 これはとってもカンタンでシンプルな原則を守れば実現します。

 

 それは、あなたが保険会社に支払う保険料の総額と、保険会社から貰える金額の均衡を取ること。

 簡潔に言えば、払った保険料とほぼ同額(もしくはそれ以上の金額)を保険会社から貰えることです。

 

 しばし、定年を迎えられた方が、「ずっと保険に加入していたけど、ずっと健康だったからなんの恩恵も受けなかったよ」と口にされます。

 これは、2000万円もの買い物をして、180万円しか受け取ることができなければそう思われるでしょう。

 

 しかし、自分が支払った金額とほぼ同額かもしくはそれ以上のお金を保険会社から受け取れるとしたらどうでしょうか。

 それならば幸運にも健康で定年を迎えられたとしても、「無事で良かったね」と言えるのではないでしょうか。

 

 私、ずっと元気に働いて95歳になったらポックリ死ぬと決めています。

 だから私自身の設計も、「あぁ、無事でよかったなぁ」と思える保険設計になっていますし、私のコンサルティングを受講した方の設計もそうなっています。

 

 もちろん、各ご家庭によって経済状態もご要望も違いますから、「いくら支払っていくらもらえるのか?」の金額には違いがあります。

 しかし、このトータルバランスだけは整合性が取れていますので、保険で大損は一切致しません。

 

 【註】

 保険会社から受け取れる金額とは、死亡保険金、満期金、入院給付金、解約返戻金等の合計金額です。この金額についての統計数値は公表されていませんが、介護保険法制定に伴う旧厚生省の調査で明らかになったと言われています。見聞きした数値は一定ではありませんでしたが、160~180万円といった範囲内の数値でしたので、約180万円と記述しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 生命保険見直しクリニック 院長の西友樹(にし ゆうき)と申します。 当院は、あなたの生命保険を治療し、無駄な保険料を2000万円削減致します。 浮いたお金は、ご家族の楽しみや幸せの量を増やすためにご活用ください。