レバレッジ・リーディング 本田直之著

Pocket

レバレッジ・リーディング
本田 直之著
出版:東洋経済

この本は、私の読書の位置づけをガラリと変えた一冊です。
目からウロコが落ちまくりだったので、ご紹介しますね。

この本は、巷で噂の「速読方法」を教えているわけではありません。
速読ではなく、多読です。

ちなみにこの方法は、小説を読む時にはあまり適しません。
しかし、ビジネス書や自己啓発書等の、「お勉強用」の読書には抜群の力を発揮します。

ですから、ビジネス書系統をたくさん読みたい方は、是非取り入れてほしいですね。

早速本題に入りますが、速読というと、斜め読みだったり見たページを写真のように暗記したりなど様々な方法が伝えられていますよね。
でもこれって正直、とっても難しいし、才能というかセンスもいるし、なによりたくさんの努力がいるんです。

私の知り合いにも、見たページを写真のように暗記してすぐに読めてしまう人もいますが、その人は完全に生まれ持った才能でしたし。
「わたしこういう風に読めちゃうんですよ~」って笑いながら言っていましたから。

「羨ましい~!」と思いながらも、「俺には絶対に無理!」って思いました。
今までそれなりの量の本を読んできましたから、自分にそれができるかどうかは感覚で分かるものです。

それができるようになるためには、かなりの努力が必要になりますし、その実るか分からない努力をする時間があったら、一冊でも多くの本を読みたいと私なら思ってしまいます。

あなたもそうじゃないでしょうか。
速読がしたい訳じゃなくて、一冊でも多くの本を読みたいという気持ちの方が大きいですよね。

だからこそ、このレバレッジ・リーディングなのです!

著者の本田さんは、最低でも1日1冊の本を読み、年間では少なくても400冊は読んでいます。
彼は読書を「自分への投資」と捉えており、どんなに利率の良い金融商品に投資するよりも確実なリターンをもたらすと語っています。

そもそも本の題名にもなっているレバレッジリーディングの「レバレッジ」とは、「累積効果」という意味を持っていますからね。

FXで自分の投資額以上の倍率で投資することをレバレッジをかけると言いますから、そこから取ってきたのでしょう。
(例えば元本100万円持っていて、300万円分の投資をすることを、3倍のレバレッジをかけると表現します)

そんな彼がお勧めする多読の方法は、とってもシンプル。
それは、本を読む目的と制限時間(1~2時間)を定めて、その時間内に自分の求めている情報を探しながら読み進める(そこが書かれていないところは、堂々と飛ばす)というもの。

例えばコピーライティングの「顧客を引き付ける言葉の使い方を知りたい」という目的があれば、そこに注意しながら読めば飛ばし読みでもしっかりと大事なところは拾えるんです。

これはいわゆるアンテナを張るってやつですね。

普通に道を歩いていても、お腹がすいている人であればご飯屋さんをすぐ見つけますが、お腹がすいていない人ならご飯屋さんを素通りします。
これは「お腹を満たしてくれるお店」にアンテナを張っているかどうかの違いでしかありません。

あとは大事だと思う部分に線を引いたりページを折ったりして、いつ読み返しても自身の目的を見失わないようにするといった方法論が書いてあります。


・・・・ここまで読み進めて頂いたあなた、こう思いませんでしたか?

いくら多読が自分への投資になると言っても、「1冊をじっくり読んだ方がいいのでは・・・?」と。

だってじっくり読んだ方がちゃんと読んだという達成感も味わえるし、良書であればあるほどたくさんのヒントが隠れているわけですから、読み飛ばすことへの恐怖感というかもったいない感覚がありますよね。

実は、私がこの本を読んで一番に伝えたかったことはここなんです。

つまり、一冊をじっくりと読む必要がない理由です。

多読の方法論なんてものは、この本を読み進めてもらえれば分かりますからね。
多くを語るつもりは最初からあまりありませんでした。

ではこの本から、一冊をじっくりと読まなくていい理由が書いてある部分を抜粋して紹介します。
16%をつかめばOKという小項目に書いてありました。

~~~
制限時間内に読み終わろうとすると、当然、一冊の本を最初から最後まで読むことはできません。「もしその捨てた部分に重要なことが書いてあったとしたら?」と思うと、不安になるのはよく分かります。
重要なところを飛ばしてしまうことは、もちろんありえます。しかしそれは、仕方のないことだと割り切ったほうがよいでしょう。
というより、読まないことが大事なのです。
漫然と読んでいると、結果的に時間がかかるからです。それに何日もかけて呼んでいると、前に読んだところを忘れてしまい、効率が悪くなります。(中略)
極論を言えば、100項目すべてを抜き出して、1つも身につけないよりは、重要な1項目だけを抜き出して、それを実践するほうが、リターンを得られるのです。(中略)
レバレッジ・リーディングはあくまでも投資活動なのですから、単に本を多く読みこなすというのではなく自分の課題や目的・目標にとって必要な情報だけが得られれば、それで十分なのです。完璧主義を捨てること。それが第一歩です。(中略)
ここまでの説明を裏付ける理論に「80対20の法則」というものがあります。(注:80対20の法則とは、2割のインプットが8割のアウトプットに値するというもの)
読書にも、この法則は当てはまるように思います。つまり、読書を投資としてとらえれば、本から得られるリターンの80%は20%を読むだけで得られるとうことです。
したがって1冊の本を全部隅から隅まで読まなくても、わずか2割を読むだけで、その本の著者が本当に主張したいことはほぼ分かると言えます。
~~~
この個所を読んだとき、「うん、うん」と何度も頷きながら読んでました。

確かに、ただ単調に読んでいるだけだと、忘れちゃってることってたくさんあるんですよね。
読んだことに満足してしまう、なんて本末転倒なこともよく起きていました。

ビジネス書等を読むときに大事なのは、どの部分を自分の仕事に活かすことができるのか、です。
だからこそ、自分の目的に沿った部分を抽出する作業に集中し、実践し、リターンを得られればそれでいいはずなんです。

その積み重ねが自分の骨肉となっていくわけです。
まさにレバレッジ(累積効果)のある読書となっていくわけです。

最後に、80対20の法則について少々補足を入れておきますね。
上記の注では、2割のインプットが8割のアウトプットに値すると表現していますが、具体的な例を挙げます。

これはイタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレードが提唱したもので、パレードの法則とも呼ばれています。
「イタリア国民全体の2割が、イタリア全体の8割の富を生み出している」という有名な法則ですが、不思議なことに、この法則は、あらゆることに当てはまるそうです。

たとえば、ある会社に社員が100人いたとします。
その中には優秀な人からそうでない人がもちろんいるわけですが、そのうち本当に優秀なのは、100人中20人だけ。
彼らが売り上げの8割を稼ぎ出すのです。

また、あるお店の売り上げが100だとしたら、売り上げの80%を占めているのは、全体のわずか20%のお客さんの消費によるものだそうです。

他にも、ある仕事をする場合、その仕事を終わらせるのにかかる時間のうち、2割の時間で成果の8割を得ることができると言われています。

これを読書にも当てはめると、全体の20%読むことができれば、その本の80%を理解することに繋がるというわけなのです。

この80対20の法則は、自然の摂理とも言うべき法則なので、疑う・疑わないのレベルの話ではないんですよね。

だから私は、このレバレッジ・リーディングで多読について知った時、すんなりと受け入れることができました。
「1冊の本をしっかりと読みたい」という、言うなれば既成概念が一気に取っ払われました。

どうでしょう?
これを聞くと、あなたの既成概念も少しは軽減されませんでしたか?

そして、今まで以上に多くの本を読めるような気がしてきませんでしたか?

こういった自分の思い込みを減らすことはとっても楽しい作業ですから、多読に興味のある方は是非読んでみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー開催

メルマガ「楽しく勉強させるコツ」

♦中学数学を正しく解く手順♦

無料で進呈します

ページ上部へ戻る